宿題を見る CHECK YOUR HOMEWORK

6/6~6/8の宿題

グラマー1クラスの皆様、こんばんは。

講師の小野田です。

 

今週は、be動詞の疑問文を勉強しましたね。

be動詞の疑問文も2回目ですね。
疑問文にする時には、be動詞を前に出し、文の最後に?をつけるというルールはしっかり使えていますか?
これで、be動詞の肯定文・否定文・疑問文がすべて書けるようになりました。
『文を作るルール』をノートを見ずに言えるか、確認しましょう。

※来週be動詞全体の復習をはさみ、再来週の6月17日にグラマー1の初テストを行う予定です。

 

では、宿題です。
☆宿題の内容を、メモにしてお子様にお伝えください☆
①テキスト 12~15ページ
宿題用ノートにやりましょう!
○付けと間違い直しをしましょう。
間違い直しをしてから、次のページに進むようにしましょう。

 

③プリント M,N
プリントに書き込んではいけません!
宿題のノートにやりましょう。
○付けと間違い直しをお願いします。

 

④単語
☆今週の単語テスト:4ページ(31~36)
今日のテストで間違った問題を、5回ずつノートに練習しましょう。
☆来週の単語テスト:5ページ (37~42)
日本語⇔英語が 言えるように・書けるように練習しましょう!

※単語テストですが、毎週6問の単語テストが5ページ分終わったら、その翌週に5ページ分をまとめて大単語テストを行っていきます。

初回は6月24日になると思います。1ページ~5ページの大単語テストを行いますので復習しておきましょう。

 

⑤ライティング
2人の会話の台本を作りましょう!
今回のターゲットは、be動詞の肯定文・否定文・疑問文を使う事です!
まずは、2人が誰・何について話すのかを決めましょう。
始めのAさんのセリフの( )の部分を変えて、何を題材に話すのか、決めましょう。
例文
A: Is that (your) (friend)?
あの子は、あなたのお友達?
B: Yes, he is. He is my friend, Taro.
そうだよ。彼は、友達のタローだよ。
A: We are 7 years old. Is he 7 years old, too?
僕たちは、7才だけど、彼も7才?
B: No, he isn’t. He is 10 years old.
ううん、違う。彼は10才なんだ。
A: Really? He is short.
本当?背が低いんだね。
B: Yes. He isn’t tall but his brother is tall.
そうなんだ。彼は、背が高くないけど、彼のお兄さんは、背が高いんだよ。
☆グラマーのレッスンでは、まだbe動詞の文しか習っていませんが、今までのバッハのレッスンで、色々な文を練習してきているので、一般動詞の文を使ってもOKです。思い出しながら、書いてみましょう。

 

⑤シャドーイング

こちらからアクセスをお願いします。

https://est-school.com/login/index.php

ログインしていただくと、自動的にマイページに繋がります。

下にスクロールしていくと課題音声のタブがありますので押してみて下さい。

本日の課題も「The hungry bear」です。

 

以上が今週の宿題です。

 

それでは、次回もグラマー1のみんなに会えることを楽しみにしています。
ご質問・ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

クラス一覧へ戻る