バッハメイツインタビュー

interviews

バス01
バス02
クラウド
クラウド

バッハメイツに入園のきっかえや体験談をインタビューしました!

画像

01. Sさん家族インタビュー

バッハに入ったきっかけは?

バッハに入ったきっかけは?

海外生活から帰国した後、子供が英語に触れることのできる場所がないだろうかと探していたときに,バッハに出会い、「英語の耳をつくる」というバッハの方針に魅かれて、子供を通わせることにしました。

子供たちの様子はどうですか?

長男は幼稚園入園と同時に通い始め、日本語がしっかりしてくると同時に、レッスンで使った単語がどんどん出てくるようになりました。1歳から通っている長女も、日本語とともに英語も確実に身に付いているのを感じ今では兄妹で台詞が英語の「ごっこ遊び」をしています。
これには私も驚きました。子供たちから、「今日はバッハの日?」「今日はバッハにいく?」とよく聞かれます。「バッハ楽しい?」と聞くと「たのしい!!」と元気よく答えてくれることが、親である私も微笑ましく思います。

バッハを検討中の方へメッセージ

メッセージ

楽しい時間だからこそ、子供達は自然に英語に触れ、吸収することができるのだと思っています。バッハでたくさん英語に触れて、大切な「耳」を作って、どんどん生活の中で英語を出していってほしいと思います。
バッハに行くと、「子供たちのためにどうしたらいいのか」と、いう先生方の想いが伝 わってくるほど、先生たちの熱心さがうかがえます。だから安心して子供達を通わせることがきます。先生たちの想いに応えるためにも、親としても 家でのフォローを頑張っていこうと思います。これからも子供たちのことをよろしくお願いします。

画像

02. Aさん家族インタビュー

バッハに入ったきっかけは?

通い始めの子供たち

約3年半バッハに通っている兄は、小さい頃から人見知りの性格もなく、バッハに通うのも最初から抵抗なく楽しんでいたように思います。
通い始めて一年になる妹は、兄の影響もあってか吸収がとても早く、兄の時よりも驚きが多いように感じます。
兄と比べて人見知りだった妹は、通い始めには泣きながら、「やっぱり行かない」と言うこともありましたが、中に入れば泣くこともなく、とても楽しんでいるように見えます。

バッハの魅力

プリスクールはやはり『幼稚園スタイル』というのが一番の魅力で、生活の中から英語を吸収できているのをヒシヒシと感じ、本人たちも英語を楽しんでいるようです。
アフタースクールでは少しずつ勉強の要素が多くなってきましたが、それでも嫌がることなくバッハに通っているのは、バッハが子供にとって魅力であり、子供に飽きさせないレッスンをして下さる先生方のおかげだと思います。

バッハを検討中の方へメッセージ

先生方へ

家でのフォローが大変な時もありますが、これからも子供と一緒にがんばって行けたらいいなと思います。これから先もバッハに長く通えたらいいなと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

画像

03. Nさん家族インタビュー

バッハに入ったきっかけは?

バッハとの出会い

私は子供たちに、英語を勉強の1つではなく、コミュニケーションツールとして自然に身に付けてほしいと考えていました。試しに体験に行かせたところとても楽しかったようで、娘は年少から、息子は年中から通っています。娘は覚えた単語や短い文章を楽しそうに話し、時には先生になりきり私に教えてくれます。バッハに行くたびに覚える単語が増え、発音もよくなっていきます。毎回会う外人の方との挨拶も嬉しそうにしています。

コミュニケーションツールとしての“英語”

単に単語を学ぶだけではなく、英語でコミュニケーションをとる事の楽しさを感じ、積極性まで身に付いていたようです。これも先生方のフォローと、先生と子供達の信頼関係の成果だと思います。

バッハを検討中の方へメッセージ

今の子供たち

娘は『最近は難しい事が多くて嫌だと思う事があるけど、その状態から抜け出し新しいところをやる事が出来るととても嬉しい!』息子は『楽しい、いつも英語をやりたい!』と言ってくれています。このようにいつも子供達が前向きで楽しく英語を吸収できるのも先生方のおかげと感謝しております。私もいつまでも子供達を見守りサポートして、私自身も成長できればと思っています。

画像

04. Sさん家族インタビュー

バッハに入ったきっかけは?

なぜバッハ?

娘がバッハに通い始めたのは、2歳の誕生日を迎える頃。歌・遊び・ランチタイム・外遊びやクッキングなど、普段の生活の中から英語に親しむバッハのレッスンスタイルにとても魅力を感じました。

子供たちの様子

先生方もとても明るく、楽しく子供たちに接してくださっています。生徒ひとりひとりをよく見て、子供たちと同じようにダンスをしたり歌ったりと、先生方のレッスンに対する想いが伝わってきます。
娘も先生方が大好きで、毎回バッハに遊びに行くような感覚です。バッハに通い始めてしばらく経った頃、パソコンのキーボードを押しながら順不同のアルファベットをネイティブのような発音で読んでいることに気づき、子供の吸収力の早さにも驚かされたのを覚えています。

バッハを検討中の方へメッセージ

メッセージ

あっという間に4年が経ち、娘ももうすぐ小学校1年生になりますが、今でも楽しく通っています。
授業もだいぶ難しくなり、ホームワークを私が見てあげるのも大変になってきましたが、わからないところは先生方にアドバイスをいただきながら、親子でコミュニケーションをとることで一緒に成長できている気がします。発音などは逆に娘に教わるくらいです。(笑)
これからもバッハで楽しく学び、将来は親子で短期留学するのが夢です!

ページトップへ