コース案内

courses

バス01
バス02
クラウド
クラウド

英語で学び、英語で考え、英語で遊ぶ

「生きた英語」を学べるベイビーバッハのレッスン

ベイビーバッハでは、「英語で学び、英語で考え、英語で遊ぶ」をモットーに、「英語が分かる子」ではなく、「英語を話せる子」の育成に力を入れています。日本語と同じように、「聞く→話す→読む→書く」の順序で、子どもたちが自然と英語を話したくなるような、子どもたち主体のレッスンが日々行われ、毎日子どもたちの楽しそうな英語が飛び交っています。
「Good Morning!」から「Good Bye!」まで、教室内は全て英語。日常生活を再現したレッスンの中で、「生きた英語」を学べる
・・・それがベイビーバッハです。

画像

PRESCHOOL プリスクール

対象年齢
幼稚園入園前の未就園児・1才~3才
(1人でしっかり歩けるお子様から)

最高の環境で幼稚園入園前までに『英語耳』を作る

「ベイビーバッハ」の英語学習は、まず「耳」からはじまります。幼稚園入園前、「プリスクール」の2年間で英語を聞き取る「英語耳」を育成するため、徹底的に英語に触れるのです。4時間という長いレッスンタイムのなかで日常生活をともに過ごし、さまざまな場面での英語表現に接することで「ネイティブの先生が何を言っているのか分かる」レベルまで育てます。

画像

AFTERSCHOOL アフタースクール

対象年齢
幼稚園児・小学生・4才~12才

英語が「わかる子」ではなく「はなせる子」へ

幼稚園に入園したら「アフタースクール」に移行し、スピーキング(話すこと)中心のレッスンが始まります。「英語耳」ができている子どもたちに、自分の伝えたいことを伝えるための会話の仕方を教えるのです。「子どもたちの口からポンポンと英語のフレーズが出てくる」と驚かれる親御さん、とても多くいらっしゃいます。
小学校高学年になると、これまでに習得してきたコミュニケーションツールとしての英語を、語学として学び直す授業も始まります。中学以降の英語学習においても、耳から英語を学んだ子どもたちは、「英語を通して世界の人たちと出会い、文化を学び、見聞を広める」ことを楽しみながら続けていけるのです。

ページトップへ